家庭保育園と聞くとIQを高める幼児教育、というイメージがあるかもしれません。結果的に子どもの知力を高めることにつながることは事実ですが、しかしそれだけではありません。むしろ家庭保育園の教育の本質は幼児期の子どもと過ごす時間を有意義で幸福なものにするための教育である、と言えるでしょう。ただそれだけか、と思わないでください。幼児期に子どもが親とどんな時間を過ごすか、これは子どもがどのように育つかを決める非常に重要な要素となるからです。親であれば誰でも、自分の子どもの将来の可能性を広げてあげたいと思うものですよね。日本学校図書の家庭保育園は子どもの将来を広げるための、また家庭内でお母さんと子どもが有意義に時間を共に過ごすために役立つ教材を十分に準備しています。どんな教材を使っているのかまずはご自身の目で確かめてみるのはいかがですか?家庭保育園のホームページからいつでも資料請求をすることができます。

IQを高めるだけではない