幼児期に脳が良質な刺激を受けることはとても大切です。この時期にどんな刺激を受けるかどうかで残りの人生は大きな影響を受けるからです。言い換えれば、人生の中で最も多くのことを脳に吸収するのが幼児期です。では、どんな刺激が幼児の脳にとって良質な刺激といえるのでしょうか。お母さんが話しかけること、これは最も赤ちゃんの脳を刺激することのひとつです。赤ちゃんは生まれて間もないうちにお母さんの声を聞き分けることができるようになると言われています。だからこそ、日本学校図書の家庭保育園ではお母さんご自身に幼児教育に携わっていただきたいのです。お母さんが幼児教育に関わることで、子どもは人格形成に非常に良い影響を受けます。他の人とのコミュニケーション能力や思考力といった、学力にもつながり同時に性格にも関係する基礎的な力を身につけることができます。家庭保育園の教材はお母さんが子どもと十分なコミュニケーションを図りながら学ぶことを楽しめるように構成されています。活用してみませんか。

良質な刺激を与える