皆さんはわが子をどんな子に育てたいですか?シンプルな表現で言えば、性格が良くそして賢い子に育てたい、とどんな親でも願うのではないでしょうか。そのためには子どもに正しい自尊心を与えてあげることが必要です。自尊心とは、自分の価値を正しく認めることのできる心です。プライドのことではありません。自分の価値を実際の価値以上に考えてしまうなら、それはただの傲慢な性格の悪い子どもになってしまいます。どれほど頭が良くても幸せな人生を送ることは難しいでしょう。反対にいつも、自分は価値の無い人間だと考えるようになってしまうと、すぐにあきらめてしまう子どもになってしまいます。では正しい自尊心はいつどのように子どもに身につけさせることができるのでしょうか?それは幼児期に、親が正しく教えてあげることによって身につきます。だからこそ、日本学校図書の家庭保育園ではお母さんに幼児教育に携わっていただきたいと考えます。子どもは親に褒められ、認められることで正しい自尊心を育てていくからです。

自分の価値を正しく認められる子どもに育てる