幼児期の子どもにとって母親以上に信頼を寄せることのできる存在はいません。母親がわが子に示す愛が全くの無私のものであるように、幼児が母親に示す信頼にも少しの曇りもありません。ですから、親子の絆のもとに母親がスキンシップをはかりながら、教えてあげることにはとりわけ大きな効果があるのです。日本学校図書の家庭保育園では、育児はどんな職業よりも素晴らしい大事業である、と考えています。ただ、大事業であればこそ、具体的に赤ちゃんや幼児の能力を最大限に引き出してあげるために親にも努力が求められます。親が子どもにとって最も身近で良い先生になることができるために、そのために日本学校図書の家庭保育園はお母さんたちをサポートします。家庭保育園が幼児教育のために準備している豊富な教材は、赤ちゃんがこころもからだも健康に育ち、同時に知性も育つ上で厳選されたものです。実際、どのような教材を使っているのか資料請求、もしくは無料体験レッスンを通して確かめてみませんか。

育児は素晴らしい大事業