絵本について昨日も取り上げました。絵本というのは、大げさな言い方かもしれませんが子どもが生まれてから初めて出会う本です。ですから、子どもに非常に大きな影響を与えます。そして、初めて本を読む親の声を聞く機会ともなります。皆さんも、親によく絵本を読んでもらった人なら分かると思いますが、そのひと時というのは子供にとって本当に楽しみな時間になるものです。もう既に何度も読んでもらった絵本であっても全く飽きることなく聞けるのは不思議なものですよね。つまり、子どもにとって絵本とは、字や言葉を覚える教科書ではなく、親に読んでもらうことで親の愛情を感じ、同時に喜びや悲しみや驚きといった人間の自然の感情を絵本を通して学び、人としての大切な心を養うためのものなのです。だからこそ、日本学校図書の家庭保育園は絵本を使った幼児教育にお母さん自身に関わっていただきたいと思っています。家庭保育園の絵本で幼児教育を楽しんできたお母さんたちの声を聞いてみませんか。家庭保育園のHPの掲示板をどうぞご覧ください。

絵本は子どもがはじめて出会う本