絵本を好きになるということ、これは将来、本を好きになることへとつながっていきます。読書は勉強の基本ですし、人間性を豊かにしたり、考える力を身につけるうえで非常に重要であることは言うまでもありませんよね。でも、幼児教育で重要なのは、月齢や年齢にあった絵本を選ぶということ、そしてその絵本の読み聞かせ方です。この読み聞かせ方を家庭保育園ではきちんとお母さんたちに教えてくれます。たとえば、毎日読むこと、これは良い読み聞かせをする点でとても大事だそうです。そのうち、すぐに子どもは自分から絵本を読んでもらうことをせがんでくるようになります。そうなると、絵本の読み聞かせは親子双方にとって欠かせない習慣になるわけです。絵本を読み聞かせるとき、親子は同じ時間と同じ世界を共有することになります。2人で一緒に絵本の世界に入り、共に驚き、共に喜び、共に心配する、こうした気持ちの共有も絵本の読み聞かせの素晴らしい利点と言えるでしょう。家庭保育園はこの読み聞かせをとても大切にしています。

絵本の読み聞かせ