良い絵本が周りにたくさんあることは、子どもにとってとても幸せなことです。でも、絵本があるだけで子どもが幸せになるわけではありません。大切なのは絵本を一緒に読んでくれるお母さんがそばにいてくれることです。子どもは自分をひざのうえに乗せて絵本を読んでくれるお母さんの声を聞くことで、心からの安心感を抱くことができるのです。お母さんに愛され、大切にされていることを感じるからです。この経験は子どもに大きな影響を及ぼします。たとえば、絵本をよく読んでもらった子どもは人の話をよく聞くことができるようになります。なぜなら、幼児期にお母さんの読み聞かせを良く聞いて育ったからです。でも、どんな絵本を選べば良いのでしょうか?日本学校図書の家庭保育園は吟味された絵本を教材としてきました。多くのお母さんたちが、家庭保育園の選ばれた絵本を上手に使って幼児教育を楽しんできました。自分で選んだだけでは見逃してしまいがちな良書もリストに含まれています。ぜひ、ご自身の目で確かめてみませんか。

絵本の読み聞かせが子どもに与える影響