親が子どもの心に残すことのできる大切な財産のひとつに良い本との出会いがあるでしょう。良い本は子どもの心を豊かにしてくれます。つまり、他の人を思いやる気持ち、嬉しい気持ち、悲しい気持ち、こうした気持ちを本を通して子どもは学びます。とりわけ幼児期に良い絵本に出会うことは非常に大切です。良い絵本は子どもの脳を活性化させ、心を育てる徳育にも役立つからです。また、絵本の読み聞かせは子どもが親の愛情を感じる大切な機会にもなります。皆さんもお母さんのひざの上で一緒に絵本を読んだ思い出が残っているでしょうか。絵本の内容のことで一緒に笑ったり、心配したりしながら読む時間というのは子どもにとっては至福の時間です。でも、自分はあまり親に絵本を読んでもらえなかったので、どんな絵本を選んだらよいか分からない、読み聞かせってどうすれば良いの?日本学校図書の家庭保育園はそんな親の皆さんにとってこれまで大きな助けとなってきました。皆さんも家庭保育園の選んだ絵本を使ってみませんか。

絵本という財産