どんな幼児教育を選ぶか、その方向性を決める上で大切なことはやはり目標です。皆さんがご自身のお子さんに幼児教育をしたいと願うのはどんな目標、目的があるからでしょうか?それを自分自身によく自問することが必要でしょう。ほとんどのお母さんが目標にするのは、将来幸福な人生を歩むための基礎を身につけさせてあげたい、学力だけでなく心や感性の豊かな子どもに育ってほしい、といったことです。もちろん学ぶことが好きな子ども、学ぶ力を持った子どもになってほしい、というのも親の大きな願いでしょう。こうした目標がはっきりしているなら、幼児教育を選ぶのはそれほど難しくはないでしょう。たとえば、日本学校図書の家庭保育園の場合、心、体、知性を育てることを目的とした教育プログラムが組まれています。ただIQを高めることだけを目的としたプログラムではないということです。また、親が教材を使って教える、というのも家庭保育園の特徴のひとつです。このような幼児教育の特徴を見て、良い選択をしたいものです。

目標を持って選ぶ