幼児教育と聞くと、英才教育、IQの高い天才児を育てる特別な教育と思われる方がおられるかもしれません。IQよりも情緒や人を思いやる気持ちなどを普通に育ててあげたい、お母さんたちがそう思われるのは当然のことです。そして、実は日本学校図書の家庭保育園が目指す幼児教育は、そのような教育です。家庭保育園が目指しているのはこころとからだを健康に育てること、そのための教育です。こころとからだが健康に育てば、知性はおのずとついてきます。そして、その教育をするうえでお母さんほど適した存在はいないと考えています。それで日本学校図書の家庭保育園では、お母さんたちが自分も楽しみながら、子どもがどんなことに興味を持ち、どんなことが好きなのかを気づいて発見できる教育ができるようにサポートします。やってみないと子どもがどんな分野に興味を示すかはわかりません。それが、幼児教育の楽しさの一つともいえるのです。

目指す教育とは