乳幼児期の子どもは自由に好きなように遊ばせる、この時期に何かを学ばせようとするより、乳幼児の関心を示すものを与えてあげたほうがよい。こんな考えを聞くことがありますよね。この考えは間違いではありません。ただ、乳幼児期は人の一生の中で実は最も多くのことを学ぶ、ということは忘れないようにしなければなりません。そのことを忘れてしまうと何かを学ぶよりも、ただ楽しいだけで終わらせてしまうことになりかねないからです。日本学校図書の家庭保育園をご存知でしょうか。日本で30年以上にわたって幼児教育を行ってきた教材です。家庭保育園はお母さんこそが幼児期の子どもにとっての最高の先生になる、という考えのもと、これまで多くのお母さんを支えてきました。家庭保育園は最新の脳科学と、世界で最初の幼児教育法とも言われている、カール・ビッテの幼児教育方法を取り入れた独自の方法で乳幼児期の子どもの可能性を広げます。楽しく知性を伸ばすことのできる家庭保育園、皆さんも行なってみませんか。

楽しく知性を伸ばす幼児教育