気づかないうちに知能指数が身についていた、これが日本学校図書の家庭保育園が目指す幼児教育のありかたです。知能指数を伸ばすことを前面に押し出すのではなく、心と体を大切に育てることで、知らないうちに知性を育てていくことができるならそれほど素晴らしいことはないですよね。知能指数を伸ばすことを前面に押し出しすぎてしまうと、子どもには幼いうちから多大なプレッシャーにさらされることになります。それは学ぶことの楽しさを理解するどころか、学ぶことを苦痛に感じてしまうことへとつながりかねません。家庭保育園が大切にしているのは子どもが学ぶことを楽しく感じるということです。そのために準備されている家庭保育園の教材ですが、なぜ?なに?といった子どもの好奇心を引き出し、その疑問を学ぶことができるように工夫されています。たとえば「なぜなにブック」。この本を通して子どもは学ぶことの楽しさを知らずのうちに気づくことができるはずです。子どもは楽しく学んだことはずっと忘れないものなのです。

楽しく学べば子どもは忘れない