「本当に意味のある教育は家庭を中心になされている」これは、以前にタイム誌に載せられていた結論です。何故、家庭を中心として行うことで本当に意味のある教育ができるのでしょうか。それは、やはり子どもにとって、とりわけ幼児にとって最も安心して学ぶことのできる相手は親だからです。日本学校図書の家庭保育園では、ぜひともお母さん自身にご家庭でお子さんを教えていただきたいと願っています。お母さんは子どもにとって最高の先生だからです。そんな、教師の資格もない、人に何かを教えたことのない私が、子どもに正しい幼児教育を施せるのだろうか?そう不安に思われる方は少なくないはずです。多くのお母さんたちがそんな不安を感じながら家庭保育園の幼児教育を始めました。そして、今では立派にお子さんを育てておられます。家庭保育園のHPではそんなお母さんたちの体験談がたくさん掲載されています。是非、ご覧ください。興味をもたれた方は無料体験レッスンを通してより具体的に知ることもできます。

本当に意味のある教育は家庭が中心