健康、人に優しい、賢い、親であれば誰でも我が子にはこのような子どもとして育ってほしいと願うものです。日本学校図書の家庭保育園はまさに幼児期に子どもが心も体も能力も健やかに育つためのサポートを行っています。幼児期は人間が最も成長を遂げる時期です。ですから、お母さんにとってこの幼児期の我が子の成長を見ることができるというのは、まさに子育ての醍醐味と言えるでしょう。もちろん、幼児教室に子どもをお願いする、という方法もあります。でも皆さんも実際に自分自身でその醍醐味を味わってみませんか。家庭保育園はお母さんこそ幼児にとっての最も最良の先生になる、家庭を幼児のための学校にする、という考えの下に、幼児教育を楽しめるようお母さんをサポートしてきました。ただ単に幼児教育のための教材を販売して終わり、ではありません。教材をどのように使うのが効果的なのか、具体的にサポートします。困ったときはいつでも全会員の方が専門カウンセラーに相談できます。家庭保育園の強みはまさにアフターフォローにあるのです。

我が子の成長を間近で見るという醍醐味