日本学校図書の家庭保育園が行っている幼児教育は、簡単に言えば、母親が行う「胎児と赤ちゃんのための学校」です。家庭の中に学校を作る、なんて聞くと何か大それたことをするように感じるかもしれません。でも、安心してください。お母さんはお子さんにとって、最も良い教師になることができるからです。どんなお母さんでもその潜在能力を持っています。というのは幼児にとってお母さんの声は生まれる前から聞く声であり、幼児は生まれて間もなく、母親の声を聞き分けることができるようになるからです。日本学校図書の家庭保育園では、お母さんは最も良い教師になりうるという考えのもとに、お母さんをサポートします。子どもにとって家ほど安心できる場所はありません。人は安心できる場所で学ぶときに最もよく学ぶことを吸収できます。幼児にとって最も安心できる場所で、最も安心できる先生に教えてもらえることほど素晴らしいことはありません。家庭保育園で家庭をわが子だけの学校にしてみませんか。

我が子のための学校