人の一生の中で、乳幼児期は最も脳が急速に情報を吸収する時期です。つまり、親として子どものために最善のことを行ううえで絶好の機会といえます。この時期を無駄に過ごしてしまうと、後で取り返すことは難しくなると言われています。では、この時期を最も効果的に用いるためには何が必要でしょうか。知性と心の両方を教えるプログラムが必要です。日本学校図書の家庭保育園が行っている幼児教育はまさにそれです。人は頭脳の働きによる業績に驚くかもしれませんが、明晰な頭脳だけに人は惹かれるわけではありません。明晰な頭脳には思いやりや愛のある心があってはじめて、人はその人物に惹きつけられるのではないでしょうか。ですから、幼児教育では幼児の頭脳を刺激すると同時に、心を育てる徳育が非常に重要な位置を占めます。日本学校図書の家庭保育園では知育と徳育のそれぞれに力を入れています。まずは、どのようなポリシーを持っているかホームページでご覧になってみてください。

急速に脳が情報を吸収する時期