子育てを真剣に考えているお母さんの方であれば、日本学校図書の家庭保育園については耳にされたことがあると思います。名前だけ聞くと、保育園のひとつかと思われるかもしれませんが、家庭保育園は幼児教育の方法のひとつです。家庭こそ子どもにとって最高の学びの場になる、お母さんこそ子どもにとって最高の教師になる、という考えの下に幼児教育をこれまで35年にわたって行ってきました。今、日本には様々な幼児教材、幼児教育法がありますが最も会員数が多いのが、日本学校図書の家庭保育園です。何が、これほど多くのお母さんたちの支持につながっているのでしょうか。それはやはり家庭保育園の幼児教育法が単にIQ、知能を高めることだけを目的としているのではなく、お母さんとの触れ合いのなかで心を育てる徳育も大切にしてきたからです。心と体の発育を大切にすることで自然と知性の発達も促すというコンセプトのもとに家庭保育園はたくさんのお母さんたちの支えとなってきたのです。

心、体、そして知性