子どもの成長を見ること、親にとってこれほど幸せなことはありません。楽しそうに笑っている子ども、周りの大人から可愛がられている子どもを見ていると、親は本当に幸福な気持ちになるものです。そんな、人から愛される人間になるよう子どもを育てたい、と親であれば誰でも願うものですよね。そのためには子どもの幼い時期を無駄にしないようにする必要があります。幼児期の子どものことを、ある本では「的に狙いを定めた矢」に例えています。弓から一度矢を放ったら、矢をもう一度弓に戻すことはできないですよね。子どもも矢と同じように親の元に置いておくことのできる時間は限られています。むしろ、短時間とさえ言えるでしょう。ですから、その時間を無駄にしないで活用する必要があるのです。家庭保育園では、その幼児期の短い時間を子どもの体、心、そして知性を育てるための蓄積されてきた方法があります。多くのお母さんたちが家庭保育園の教材を上手に使って子育てを楽しんでいます。

幼児期はあっという間に過ぎていく