日本学校図書の家庭保育園が考える、幼児教育の基本、それはお母さんが自身がわが子の幼児教育に関わる、ということです。これまで数え切れないほどのお母さんたちが家庭保育園の教材とプログラムを使ってわが子の幼児教育を楽しんできました。そうです、幼児教育は実はとっても楽しいことなんです。教育という言葉を聞くと、難しいイメージが沸くものですが、実際には違います。何より、わが子の成長を自分の目で見て感じながら行えるわけですから、これほど楽しいことはありません。日本学校図書の家庭保育園では、お子さんの好奇心や興味を刺激する様々な教材を提供しています。これらの教材は幼児の脳を刺激し、こころと知性を育てることを目的として作られています。これまで、多くのお母さんがこの教材を使って幼児教育に携わる中で、わが子が意外なものに興味を示し、好奇心を抱く様子を見てきました。好奇心は学ぶことを楽しむことへとつながります。幼児期にこうした刺激を受けるか受けないかで子どもの成長は大きく変わってくるのです。

幼児期にどんな刺激を受けるか、で大きく変わる