幼稚園前の幼児教育のブームは1980年台頃にスタートしたと言われています。また1990年には血液の状態によって脳の活動がわかるという発見されてから、赤ちゃんや幼児期の脳の発達も研究がされるようになったのです。子供の脳の研究が進むにつれて、脳科学の観点から、育児だけではなく早期教育の重要性が語られるほうになっていったのです。

脳の研究によって臨界期の重要性などがクローズアップされるようになりました。幼児教育の賛否は様々ですが、小さい子供の持っている吸収力は非常にすごく、本人の適性に合わせて、親が上手に伸ばしてあげることは大事であり、のちに高い才能を開花させるベースづくりもつながるでしょう。幼児期にたくさんの好奇心を刺激してあげることで、子供たちはたくさんの知識を吸収することができるのです。幼児教室にはたくさんのスタイルがあり、それぞれの教室によって幼児教育に対する考え方は異なります。自分の考えに合った幼児教室を選ぶ必要があるでしょう。

例えば、実際にどういう幼児教育をしているのか、日本学校図書の家庭保育園等に資料請求してみることも大事でしょう。

幼児教育の歴史