子どもの能力というのは、特に乳幼児期にはそれほどはっきりとは分からないものです。でも、それはもちろん能力が無いということではありません。むしろ、これから地中から芽を出そうとしている植物のように、能力を発揮する機会を待っているという状況です。ですから、まだ見えていない乳幼児期にこそ、たっぷりと栄養を与えるように良い教育をして助けてあげることが必要なのです。日本学校図書の家庭保育園ではまさにそのような幼児期の教育をお母さん自身が行うことをサポートします。何故、お母さんをサポートするのでしょうか。それは、お母さんが子どもにとっての最高の先生になるからです。子どもは生まれてすぐからお母さんの声を特別に聞き分けます。ですからお母さんに教えてもらうということは子どもにとって特別なことであり、最も安心して学ぶことにつながります。家庭保育園ではお母さんが自信を持って教えられるようにサポートします。家庭保育園のアフターフォローの内容についてはぜひHPからご覧ください。

幼児教育とは栄養をたっぷりあげること