現在の子供は自然の物の本当の姿を知らないことも多く、どんな植物や野菜も何とかの木に生えていると勘違いすることも珍しくないでしょう。これは、スーパーなどですでにパッキングされたものを見ることしか食材に触れることが無いからです。これは食材に限らず、最近の親御さんは物を出来るだけ触らせない教育を行っていることが特徴となります。

触るものはきちんと消毒されたものに限っていることも多く、知らないものも親が触ってから触らせるなど非常に過保護に育てられていることも多いでしょう。しかし、自分で触って確かめた物は自分の価値観に大きな影響を与えて行きますので、結果的に世の中には様々なものが存在していますので元々の価値観をより多様的なものに高めてくれるメリットがある訳です。

これにより、幼児期の育児・教育についても視野の大きいものが提供できるようになり、社会的に色んな人と交流できる柔軟な人材を育ててくれることでしょう。とにかく、興味を持つ心を大事に子供を育てることが大事です。

幼児との育児では色々な物に触らせる教育を!