幼児教育を行うにあたって、あらかじめ決められた教材を使う、ということに何となく抵抗感を感じる方がおられるのも事実です。確かに、我が子のために自分の目で選んだ絵本を読み聞かせてあげたい、のびのびと自分らしい方法で子どもを育てたい、そう考えるのは決して悪いことではありません。むしろ、親として責任感のある素晴らしい考え方です。日本学校図書の家庭保育園ではそのようなお母さんにこそ、家庭保育園の教材を使って幼児教育を楽しんでほしいと考えています。なぜなら、家庭保育園では専門家として長年の研究の蓄積によって吟味された教材を準備しており、これまでに確かな結果をもたらしてきたからです。こう言うと少し語弊があるかもしれませんが、どんな親であっても子どもの教育に関してははじめは素人です。もちろん、お母さんが最高の教師であることには間違いないのですが、専門的に研究されてきた方法や教材は確かな根拠に基づいています。どうぞ、家庭保育園の教材がどのようなものかご自分の目でご覧になってください。

専門家の選んだ教材