どんな親でも子どもが生まれてはじめて子育て実体験で学びます。もちろん、生まれてくる前にある程度予習したり準備することはできますが、それでもやはり実際に育てながら学ぶことがほとんどです。とりわけ幼児教育の分野は家で行うことができるものも含めて、良い助けやサポートがあることが親にとって大きな力になります。子どもひとりひとり個性が違うので、すべての子どもに全く同じ教え方ができるわけではありません。しかし、膨大な経験とデータに裏打ちされた教え方を基本として取り入れ、それをわが子の個性に合わせて適用できるなら、これほど良いことはないでしょう。日本学校図書の家庭保育園では厳選された教材と、専門家によって考え抜かれた教育プログラムをお母さんが家庭で実践できるようこれまで長年にわたりサポートしてきました。家庭保育園はお母さんこそ幼児にとって最高の先生になる、という理念の下に幼児教育を行っています。サポート体制も含めてぜひホームページでご覧になってください。

専門家の助けはいざという時に力になります