子どもに良い絵本を読み聞かせてあげることは、その子どもにとって一生の財産となります。良い絵本は子どもに人を思いやる心や、悲しい気持ち、嬉しい気持ちなどの人の感情を教えてくれます。もちろん言葉を学ぶ上でもとても大切です。そして、お母さんとのコミュニケーションをとる上でも非常に重要なアイテムということができます。そのため日本学校図書の家庭保育園では厳選した絵本を教材のなかに取り入れてきました。そして、これまで多くのお母さんがこの絵本を使って子どもたちを育ててきました。家庭保育園では絵本を幼児に読み聞かせてあげる上で、効果的な読み聞かせの仕方をお母さんたちにお伝えしています。こうした実際的なサポートが家庭保育園の強みです。家庭で行う幼児教育は子どもにとって最も大切な学びの機会ですから、その子どもを助けるお母さんにもサポートが必要です。お母さんが自信を持って、楽しく教育に携わるなら子どもも学ぶことを楽しめるのです。一度、家庭保育園のサポート体制をホームページでご覧になってみてください。

家庭保育園は母親をサポートする存在です