日本学校図書の家庭保育園では第1教室~第6教室までの教材を用意しています。子供さんにとって向き不向きもありますので、その子にあった教室だけを購入していくというスタイルを設けています。第1教室~第6教室まで様々な教材がありますが、その中でも幼児教育の基盤にもなるのが第1教室の「すくすく館」です。第1教室では全部で77冊もの絵本を用意しています。日本昔話、秀作絵本、外国の絵本、知識に関する絵本、漢字絵本など、絵本と一言で言ってもそのレパートリーは多岐にわたっています。またわらべうたであそぼうという本とCDもセットになるのでわらべうたを通して、子供と接することもできるのです。絵本を読むとたくさんの効果を期待できます。まずは言語力のアップです。絵本を読むことによって色々な単語を覚えることができます。またひらがな、カタカナといった基本的なことも絵本を通じて覚えていくことで知能アップにつながるでしょう。たくさんの絵本を毎日無理のないペースで読むようにしてください。

家庭保育園の基盤でもある絵本