人間の脳に関して、ユニセフは世界子供白書の中で、子どもが3歳になるまでに脳の発達はほぼ完了すること、子ども時代の初期では親や家族やその他の成人との対話が子どもの脳の発達に影響し、十分な栄養や健康やきれいな水などの要因と同じくらい影響力を持つこと、この期間に子どもがどのように発達するかが後の学校での学業での成否を決め、青年期や成人期の性格を左右する、ということが報告されています。3歳までの幼児期の教育がどれほど大切かがよく分かる報告ではないでしょうか。学業だけでなく性格も左右するというのは非常に大きいことです。日本学校図書の家庭保育園ではまさにそうした面にも力を入れてきました。徳育です。結局のところ、人が人生を楽しめるかどうかは性格にほぼかかっているといっても過言ではないでしょう。学ぶことを好きになることも性格と深く関係してきます。家庭保育園の徳育はこれまで多くの子どもたちの心を育てることに役立ってきました。無料体験レッスンで体験されるのはいかがですか。

学業だけでなく性格も左右する幼児教育