子供には学びたいと思う臨界期と呼ばれる時期があります。この時期にたくさんのことを吸収させてあげることでその子の脳は飛躍的に発達すると言われています。言ってみれば学びたくない時期に教育をしても意味がないのです。また幼児教育では子供が持っているよいところをほめて伸ばすのはよいと言われています。だめやいけないと否定ばかりしていると子供の心は育たないのです。人間は学ぶ力を自ら持っておりその力を引き出すためにはそれに対応した環境が必要であり、そのような環境があればその子の100%の力を生み出すことができるのです。つまり幼児教室などの専門的な幼児教育ができる環境に置いてあげることで、家の中でお母さんと2人では伸びなかった能力を伸ばすことができるのです。また幼児教室に通うことで、幼児教育のやり方や考え方を親がしっかりと把握できますので育児にも生かすことができるでしょう。また子供がやりたいと思う好奇心を引き出してあげることが幼児教育では重要であると言われています。

学びたいと思う時期に教育してあげることが重要