絵本を読み聞かせてあげているときの子どもの顔、表情は見ていて本当に飽きないものです。絵本の人物になりきっている子ども、絵本の登場人物がこの先どうなるのかを心から心配している子ども、本当にいろいろな表情を見せてくれますよね。実際、絵本の読み聞かせは、子どもの表情を見守りながら読んであげることがとても大事なポイントの1つです。子どもがどんなことを考えながら聞いているか、本当に興味を持って聞いているかどうかを見極める必要があるからです。皆さんは、最近どんな絵本を子どもに読み聞かせてあげましたか?そして、どんな風に読み聞かせてあげましたか?どんな絵本を選ぶか、そして読み聞かせ方も実はとても重要なんです。せっかく読み聞かせてあげるからには、少しでも子どもに良い影響が及ぶような読み方をしてあげたいですよね。家庭保育園では絵本の読み聞かせ、というこの幼児教育の非常に重要な部分をお母さんたちが十分に行えるようにサポートします。

子どもの表情を見ながら読み聞かせをしましょう