子供の知的成長は親であれば誰もが望むことです。成人して社会で有用な人間となるには確かに知的能力は大切ですね。幼児教育と聞くと、まさに幼児期から子どもの知的成長のために、親が一生懸命奮闘する、というイメージが強いかもしれません。でも、実際のところ幼児教育は赤ちゃんのこころとからだを健やかに育てることがとりわけ重要です。とりわけこころが素直で元気な子どもは知性の点でもよく成長していきます。日本学校図書の家庭保育園が目指すのはまさにそのような幼児教育です。子どものやる気、好奇心、学ぶ意欲を引き起こし、積極的なこころをもつ子どもを育てる点で、家庭保育園の教材、そして教育プログラムはこれまで良い効果を得てきました。教材を使って子どもに幼児教育を施すのはお母さんです。お母さんこそ子どもにとっての最良の教師になる能力と絆を持っているからです。これから我が子をどのように育てようか考えている方、ぜひ、家庭保育園のHPをご覧ください。

子どもの好奇心を引き出す幼児教育