幼児教育で大切とされていることの中に、本の読み聞かせがあります。以前にも取り上げましたが、家庭保育園でもこの本の読み聞かせに関しては力を入れています。テレビやインターネットの普及によってますます絵本や本に触れる機会が少なくなっている子どもたちにとって、読み聞かせは非常に重要です。テレビを一緒に見ることと、本を読み聞かせて子どもと話し合うことにはどれほど大きな違いがあるのでしょうか。基本的にテレビは親子のコミュニケーションや会話につながる機会がほぼありません。大人でもそうですがテレビを見ている時間というのは、物事を想像したり、考えを働かせるということがほとんどありません。流されている場面を受動的にただ見ているだけです。ですから、幼児のテレビ視聴は親と一緒であっても言語発達の遅れを招きやすいと言われています。幼児が1人で長時間テレビを視聴していると遅れる率はさらに高まるようです。でも、絵本や本はそうではありません。読み手が想像する余地が残されています。そして、その絵本をお母さんが直接子どもに読んであげることでコミュニケーションを取りながら、子どものこころと知性を育てることにつながるのです。

子どもと一緒に想像する