日本学校図書の家庭保育園が大切にしている幼児教育の方法のひとつが絵本の読み聞かせです。皆さんのご自宅にはどんな絵本が並んでいますか。絵本の読み聞かせの及ぼす効果というのは強調してもし過ぎることはありません。それだけ、幼児期の子どもに良い影響を及ぼします。まず絵本の読み聞かせは人の話を聴くことを学ぶ大切な機会となります。最近は就学しても先生の話をきちんと聴くことのできない子どもが増えています。それは幼児期に学んでこなかったからです。絵本を開くと子どもは自然と絵を見ますよね。そして、親が読み聞かせるその声を聴きます。多くの場合お母さんの膝の上に座って聴くかもしれません。これは子どもにとって非常に心地よい時間です。つまりじっくりと人の話を聴く習慣がこうした心地良い体験と共に身につくわけです。人の話を聴くことは人間が成長するうえで欠かせない態度、能力です。家庭保育園はその価値を理解しているからこそ絵本の読み聞かせを大切にしています。

人の話を聴く心地よい体験