幼児期から英語に触れさせたい、と願う親の方が非常に増えています。今や英語は世界共通語になりつつありますので、確かにわが子には英語を話せる大人になってほしいと願うのは当然でしょう。言語を学ぶ上で最適なのは言うまでもなく幼児期です。だからこそ幼児教育に英語教育を取り入れることは非常に重要です。日本学校図書の家庭保育園でももちろん英語教育を取り入れています。家庭保育園では「種まきイングリッシュ」という教材を教育プログラムとして用いています。これはヨーヨム方式を使った教材です。皆さん、ヨーヨム方式をご存知ですか。これは、英語で書かれた絵本の絵の下の部分に「指」マークがついており、その指マークを子どもが指で押すと、その英語の発音を聞くことができる、というものです。子どもは絵を見ながら、また指を使いながら英語を聞くことができるため、みるみる英語を覚えていきます。この方式をいち早く取り入れた家庭保育園の教材でお子さんの幼児期の英語教育を楽しんでみませんか。

ヨーヨム方式で幼児の英語教育を楽しもう