幼児教育にはいくつかの理念がありますが、今回はシュタイナー教育の理念についてご紹介します。シュタイナー教育では人間は4つの構成体で作られているという考え方になります。4つというのは0歳に生まれる物質体、7歳頃生まれる生命体、14歳頃生まれる感情体、21歳頃生まれる自我です。人間に7年ごとに節目が訪れるので、その節目ごとにあった教育をしていくことが望ましいとされています。第1・7年期は幼児期に当てはまります。この時期は体を作ることが課題となるので、幼児期に体をしっかりと成長させなければなりません。体ができることで意志力や行動力を生み出す源となるのです。この時期にはきれいなものを見ればきれいな心が身に付き、おいしいものを食べれば味覚がわかるようになると言われているので、この時期には子供に吸収してよいものを身のまわりに置くように意識して育児を行います。このような考え方に賛同できる人はシュタイナー教区を理念とした幼児教室に通わせるとよいでしょう。

シュタイナー教育とは?