生まれたての赤ちゃんの脳は真っ白なキャンパスのようなものです。教え方次第でどんな絵を描くこともできます。実際、脳の神経細胞の接合は幼児期に最も活発に行われ、増えていきます。その後、その接合の増え方は徐々に少なくなっていきます。ですから、幼児期に接合部がどれほど増えるかがその後の学習能力にも影響してきます。では、神経細胞の接合を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?それは、赤ちゃんにたくさんの良い刺激を与えることです。子どもにとって良い刺激とはどのような刺激のことでしょうか?子どもが望まない親の押しつけの刺激は子どもの脳の発達に役に立たない場合があります。子どもが欲する刺激を子どもにとって必要な量で与えることが必要なのです。そのためには、まず脳の発達に役立つ教材が必要です。子どもはその教材の中に必ず自分にとって興味のあるものを探し出すものです。そのようにして子どもが選んだ教材を使って助けるのです。日本学校図書の家庭保育園の教材はまさに子どもの脳の発達を考えて構成されています。ぜひ、ご自分の目で確かめてみてください。

シナプスの接合を増やす