子どもをのびのびと育てたい、親であれば誰もがそう願います。のびのびと子どもが育つには、やはり適切な幼児教育が欠かせません。したい放題にさせておくことは、のびのび育てることとは違うからです。それは、単なる放任でしかないからです。子どもをのびのびと育てることには、子どもの長所を探し、それを褒めること、そして、子どもの声に耳を傾けることがとても重要になってきます。誰がそれをすべきでしょうか?そうです、親です。とりわけこの点でお母さんの役割は非常に大きいといえます。ですから、幼児教育にお母さんが関わることは、子どもをのびのび育てる上で非常に重要なのです。日本学校図書の家庭保育園ではお母さんに幼児教育に関わっていただきたいと考えています。そして、そんなお母さんたちをこれまでずっとサポートしてきました。子どもと一緒に絵本を読んだり、カードを使って遊ぶことで、子どもの長所がたくさん見えてくるものです。また、その機会に子どもの声を聞くことができます。ぜひ、家庭保育園の教育プログラムでのびのびとした幼児教育、初めてみませんか。

のびのびと育てる