子どもの成長は驚くほど早いため、子どもを授かったことが分かったときから、どのように子どもを育てていきたいかという明確な指針を持っていることはとても大切です。子どもが生まれてからでも、もちろん考えることはできますが、想像以上の毎日の忙しさに改めて考える時間をなかなかもてないかもしれないからです。家庭保育園は母親こそが子どもの最高の先生になれるという考えのもとに、お母さんたちが明確な目標や指針を持って幼児教育を行うことをサポートしています。たとえば幼児教育に悩んだときにはカウンセラーに納得のいくまで相談することができます。また掲示板を通して家庭保育園の仲間に相談することもできます。そうした明確な指針とサポート体制があることで、お母さん自身が育児に対する先行きの見えない不安や心配を抱かずに、安定した気持ちと心で育児に向き合えるのがとても大切なのです。お母さんが落ち着いた気持ちで幼児教育を行うことで子どもにもその安心感が伝わるからです。

お母さんの気持ちもサポートします