最近でこそ、幼児教育の重要性は周知の事実となってきましたが、実は日本学校図書の家庭保育園は今から35年前から幼児教育の重要性をお母さんたちに伝え、サポートしてきました。それが幼児教育のパイオニアと言われるゆえんです。日本学校図書の家庭保育園では乳幼児教室を作る代わりに、お母さんたちに我が子の幼児教育の喜び、醍醐味を味わってほしいと思っています。人間の脳は3歳までに80%のネットワークが形成されると言われています。このことを考えると幼児期の教育がどれほど重要かがよく分かるのではないでしょうか。実際、親は子どもが学校に入ってから、子どもの成績や子どもの性質などに急に口うるさくなる傾向があるものです。そのエネルギーを幼児期の教育に向けるほうがよっぽど効率的といえるのではないでしょうか。日本学校図書の家庭保育園では、お母さんが自分のエネルギーを我が子の幼児教育に無駄なく注ぐことができるよう万全のサポートをしています。

お母さんのエネルギーを効果的に教育に向ける