お母さんとの関わりの中で学ぶこと、これは幼児にとって最も大切な学び方のひとつです。お母さんとの関わりは赤ちゃんの学習には非常に重要です。お母さんこそ、赤ちゃんにとって最も良い教え手になるのです。日本学校図書の家庭保育園はこの考え方をこれまで創業以来35年にわたって大切にしてきました。考えてみると、お母さんは子どものためには何にでもなります。赤ちゃんが体調を悪くすれば、看護士や時には医師のようにもなり、栄養豊かな料理を作るコックにもなります。ですから、当然赤ちゃんにとって先生にもなりえるのです。日本学校図書の家庭保育園では映像教材を使うのではなく、絵本やカードを使って実際にお母さんが身近な先生になる教育法をずっと進めてきました。赤ちゃんにとって最も安心して学ぶことのできる存在はお母さんです。多くのお母さんが家庭保育園の教材とサポートで立派な”先生”になってきました。皆さんも家庭保育園で幼児教育に関わってみませんか。

お母さんとの関わりを通して学ぶこと